輪郭形成の美容整形を受けて

整形を受けたきっかけは体重増加によるダイエット後のたるみ


私は輪郭形成の美容整形を受けたことがあります。受けてから五年程経過していますが、効果はまだ持続しています。整形を受けたきっかけは体重増加によるダイエット後のたるみです。私は中学校からテニスをしており、中学高校時代は毎日、大学時代も週に3、4回はテニスコートで体を動かしていたので体型はスリムな方でした。しかし就職して体を動かさなくなると一年で20キロ以上太ってしまい、体はもちろん、顔にも脂肪がたっぷりと付いて以前とは別人のようになってしまいました。その後減量に成功しましたが、脂肪の無くなった頬の皮膚はたるみ、下あごには落としきれない脂肪が残って10歳ぐらい老けて見えるようになってしまいました。自分の力ではどうしようもなくなり、インターネット広告でたまたま発見した美容整形クリニックに足を運びました。カウンセリングでは、美容カウンセラーと呼ばれる実際に施術は行わない女性の方に診て頂き、鏡を見ながら頬やあごの脂肪を引っ張ったり、これまでの患者さんの写真を何枚も見ながら、どの施術を受けるとどういった輪郭になるのかをじっくりと教えてもらえました。カウンセラーの方も美容整形 (受ける側)の経験が豊富で、自分の経験も交えて話して下さったのも大変参考になりました。悩み以外の箇所も施術しようという勧誘も無く、モニター割引など、なるべく料金をおさえる為のメニューも気にかけて頂けたのも好印象でした。


鶴木クリニック医科・歯科
手術方法について